中島昭美著作集第1集
(令和3年3月刊)

定価1000円
ご希望の方は、当研究所までご連絡ください



 内容

1章 重複障害教育

(『講座・心身障害児の教育』明治図書、1973年、所収)

2章 『養護訓練指導事典』(第一法規)の4項目
「視覚による運動統制学習」、「明暗・材質・色彩の弁別」、
「文字言語受容の基礎能力の習得」、「普通文字の書字能力の習得」
(『養護訓練指導辞典』第一法規、1975年、所収)

3章 重複障害児の心理学的洞察と初期学習の芽生え
(『障害児教育の今日的課題8 重度・重複障害』福村出版、1976年、所収)

4章 言語・知覚障害児の教育
(『心理療法の基礎知識』有斐閣、1977年、所収)

5章 課題学習とは何か
(『講座重度・重複障害児の指導技術第5巻』岩崎学術出版、1979年、所収)

6章 重複障害の心理
『テキストブック心理学(8)障害児心理学』有斐閣、1980年、所収)

第7章 人間行動の成り立ちとしての感覚と運動
―重度・重複障害児の教育実践から―
(『精神薄弱児研究第288号』日本文化科学社、1982年、所収)

8章 足から手へ、手から目へ 重複障害児教育からみた認知の本質
(『サイコロジー№36』サイエンス社、1983年、所収)

9章 人の初期の学習と自発
(『肢体不自由教育60』日本肢体不自由児協会、1983年、所収)

10章 精神についての学び方
(『研究報告書第6号』財団法人重複障害教育研究所、1984年、所収)