本研究所では毎年8月に重複障害教育研究会全国大会を開催しております。現場の教師、施設職員、研究者、父母等の参加を得て、教育実践の発表と研究協議を通して、障害の重い子供たちから人間行動の成りたちの根本について深く学び続けております。
 財団法人重複障害教育研究所の創設者、中島昭美が昭和47年に福井県の社会福祉法人光道園において、全国大会の準備会として、各地の先生方に教育実践を発表していただきました。翌年に水産大学で第1回全国大会を開催し、以来、回を重ねております。

重複障害教育研究会第44回全国大会案内

重複障害教育全国大会について

重複障害教育研究会第43回全国大会案内